AQUA HEALTH COMMUNICATIONS
HOMEへ戻る
 水想観
Vol.21 平成16年9月

[ 「人材は人材で」あるべし ]
 

 日本SC協会・関東支部・生涯水泳科学研究委員会が主催する『水中運動ワークショップ』についての報告。このワークショップは、平成13年12月より年2回のペースで開催されている。主に高齢者と障害者などの水中運動を中心としたテーマを取り上げられ、水中運動の普及と振興を図る目的で事業が行われてきた。6回目となる今回は『こだわりこそが、本物への第一歩!!』と題して生活機能病や生活習慣病の予防・改善につながる「アクアダイエット」に焦点を当て、そのメカニズムや水中運動の活用法を探るダイエットプログラム特集が、7月4日に東京・武蔵境で定員40名のところ60名が参加し開催された。

 ご参考までに、受講者アンケートの一部をご紹介すると、今回は女性が受講者の77%を占めた。受講目的のトップ3は、「指導に役立てたい」28%、「知識の向上」24%、「水中運動の幅を広げたい」19%、「資格の更新」、「プログラムが良い」が続く。講習会の中身については、@講義について、76%が「満足できた」「分かりやすかった」16% A実技ついて37%が「満足」、「すぐに活用できる」19%、「楽しかった」18%、「分かりやすかった」、「気持ちが良かった」がこれに続く。受講料(7,000円)については、「現状でよい」66%、「6,000円」14%、「8,000円」10%、そして、「本人が負担する」が43%、「会社負担」が33%、「折半」が19%という結果となった。今後講習会で扱って欲しいテーマは、「中高齢者のプログラム」、「関節系プログラム」、「筋力トレーニング」、「ヌードルエクササイズ」などが上位を占めた。また、受講者の感想・要望では「活気に満ちていて大変楽しく出来ました。」「これからの季節に合ったとてもいい内容でした。次回(秋)は寒いなかでも(会員様)が来て頂けるような講義内容だと嬉しいです。」「毎回楽しく参加させて頂いています。今回得たものを日々の指導に取り入れることができるので、今後も参加したいと思います。」「とても楽しめたし、リラックス出来た。競泳とは違う楽しさがあり、この知識を活かしていきたい。」「教室参加者の高齢化に伴い、無理をさせずに有効的な運動のレパートリーを紹介して下さい。」「いつも、即指導で活用させて頂ける内容で大変有り難いです。また、年2回ということで常に気を引き締めることが出来て良いです。学習意欲も高まります。」「次回は今話題の大腰筋トレーニング等についてやって頂けると嬉しいです。」「とても良かったと思います。自分自身に、また指導に役立てたいと思います。」「午前中の鈴木正成先生のお話は分かりやすく、自分の誤った認識を正しくしてくれて良かったです。ダンベルを使っての実技が無くて残念でした。(次回はぜひ!)」など、ほとんど肯定的な意見が占めた。

 ご時世からか資格取得に熱心な人も増えているという。しかし、資格を取れば何とかなるというほど世間は甘くない。目的なしに資格を取るのでは、折角資格取得しても活用出来ない。結局は「宝の持ち腐れ」ということに。その点、水中運動ワークショップは資格取得講習会とは違って、現場での日常業務に直接役立つ「情報」や「知識」、「技能」を分かりやすく楽しく学ぶという双方向の勉強会だけに、評判も上々、回を追う毎に参加者が増えているということも頷ける。

 最近では、競争力を失ったSC施設は減量経営を余儀なくされ、そのためにギリギリの人員配置で指導を行っているところも多い。そのために講習会に参加したくても参加が出来ない。講習会に参加する場合は、その分の指導の穴埋め(代行)を同僚に頼まなくてはならない。など、現場からの悲痛な声も。このように教育の機会や投資が減少して、現場で働く個人の能力が低下する。その結果、会員数も減りかえって衰退に拍車が掛かるといそった「負の連鎖・循環」もけっして少なくないようだ。広告宣伝費や交通費などの管理費などの経費節減に追われ、「人を育てる」という長期的な展望に立って教育投資を続けていくことはなかなか至難のようだ。しかし、歴史を見ても、身近な経験からも凡そ放し飼いで立派に人が育った例はほとんどない。とりわけ、人が人を指導するという業界だけにSC業界の活性化のためにも業界、地域ぐるみの事業として積極的に「人を育てる」ことが今こそ求められるでは?

 やはり、「人材は人財で」あるべし! なるほど、ナルボド。

(有)アクアヘルスコミュニケーションズ
大方 孝

 
 

 

ご意見・ご感想等お聞かせ下さい。

下記フォームに必要事項を入力して『送信』ボタンを
1回クリックして下さい。

お名前 :
所属名等:
ご住所 :
ご連絡先:
E-mail :

ご意見・ご感想など

  


<戻る>

有限会社アクアヘルスコミュニケーションズ
〒177-0052 東京都練馬区関町東 1-25-10
TEL/FAX 03-3928-1333
Email  info@ahc-aqua.com