AQUA HEALTH COMMUNICATIONS
HOMEへ戻る
 
Vol.34 平成21年1月

 

介護予防水中プログラム事業の結果(最終回)

 今月もお読み頂きまして有り難うございます。
 前月は、東京都府中市の「介護予防水中プログラム事業」の概要についてご報告しました。“介護予防水中プログラム”のビジネスモデルの要点は、@高齢者を対象にした水中運動プログラムであること。A指導員は水中運動の有資格者であること。B測定と評価やアンケート等の事業報告を行なう。という3項目でしたが、ご参考になりましたでしょうか?
?さて、今月は2008年10月8日から11月25日の期間で、合計8回の教室が開催された府中市の「介護予防水中プログラム事業」第2期のアンケート結果と体力測定(握力・開眼片足立ち・椅子立ち座りテストの全3項目)についてご報告をします。

〇アンケートの提出者は、15名、内訳は以下の通り。
 男性5名、女性10名(内訳/60代3名・70代8名・80台4名)

(1)今回受講された感想

  1. 自分の身体にあっていた(7件/25%)
  2. やや物足りない(1件/4%)
  3. ややきつい(1件/4%)
  4. 楽しかった(11件/39%)
  5. 身体にとても良かった(4件/14%)
  6. 筋力がつく感じがした(4件/14%)
  7. その他(0件)

(2)水中プログラムについて関心をもつことができましたか?

  1. 次回もぜひ受講したい(12件/75%)
  2. 検討する(3件/19%)
  3. その他(1件/6%)‥継続的に参加したい。

(3)好きな運動は何ですか?

  1. 水中ウォーキング(10件/36%)
  2. 水中体操(4件/14%)
  3. 浮き棒などを利用した筋力運動(6件/21%)
  4. リラクゼーション(3件/11%)
  5. コロコロボール(0件)
  6. ジョギング(2件/7%)
  7. ストレッチ(2件/7%)
  8. その他(1件/4%)

(4)市の介護予防教室についてご要望・ご感想

  • (67歳女性)2ヶ月コースでは慣れた頃に終了となり、続ける事が身体に良いと思いますので週1の年間クラスがあっても良いと思います。
  • 申し込み 人数も多いなら週1、2クラス作っていただきたいと思います。
  • (69歳女性)とても楽しく参加出来ました。先生方ありがとうございました。せっかくの介護予防のプール、長く続けることが出来るように是非卒業生も一生続けられ様考えてほしい。隣りのプールをみていますといつもすいています。是非、もう少し計画的に考えてほしい。
  • (70歳女性)継続できるような体制にして欲しい。丁度慣れた時に終るのは残念です。テキパキと御指導心地良く年寄りあつかいが無く気持ちが良かった。ありがとうございました。
  • (69歳女性)常にプールは利用者が少なく感じます。この様な企画をもっともっと沢山して頂き利用し易くして頂きたい。シャワーを完備して頂きたい。
  • (71歳女性)是非年間の実施をお願いしたいです。このような教室を経験した者たちが年間通して曜日を決めて運動出来る日を作って下さい。個人では、ダンベルも使えずウォーキングのみです。
  • (80歳男性)昨秋、本年春「ころばん体操教室」に参加しました。水中運動は、初参加でしたが六十有余年前の水泳場訓練を思い出し感無量。市支援センター・指導士の皆さんありがとうございました。感謝を込めて我流の俳歌呈上。「ミッキーと同年生まれ八十路入る 水の運動 我甦る」 S・G
  • (75歳女性)プールを使用する人が少ないのでこの様な機会を多く作ってほしいと思います。今回も回数が少ない気がします。
  • (75歳女性)終った後、ぽかぽかとあたたかいのでとても良かったと思います。
  • (72歳女性)参加出来て良かったと思っています。
  • (83歳女性)色々と楽しかった。有難うございました。

 次に体力測定の結果をご報告します。
 在籍26名の平均年齢は74・64歳、最年長は85歳、最年少は67歳でした。

  1. 握力測定‥・平均値で握力右が2.069kg、握力左が1.922kg増大した。
    2、4は偏差値、5は検定値
  2. 椅子立ち座りテスト‥・10回の立ち座りに要した時間を測定した結果、平均値で4.4秒短縮された。2、4は偏差値、5は検定値
  3. 開眼片足立ちテスト‥平均値で6.5秒時間が伸びた。2、4は偏差値、5は検定値



 さて、府中市の「介護予防水中プログラム事業」第2期のアンケート結果と体力測定(握力・開眼片足立ち・椅子立ち座りテストの全3項目)について報告結果をご覧になり、読者の皆様は何か閃きましたか?!
 指導等の環境や条件が異なるので一概に比較することは出来ませんが、弊社の府中市の測定データやアンケート結果と貴社の水中運動プログラムの測定データやアンケート結果と比較してプログラムの内容等を検証してみることも面白いかも知れません。それぞれを並べてみると意外な示唆が得られるかもしれませんね。
 さらに、水中運動に興味をお持ちの皆様とこれらの資料やデータを持ち寄って、研究会や発表会が開催出来れば、指導力の向上や水中健康運動プログラムのビジネスモデルの構築に繋がるのではないかと思います。また、専門的な人材と専門的なノウハウをさらに活かす意味でも、臨床的データを暗黙知として個々人が占有するのではなく、研究成果を現場にフィードバックし、知財を共有していくシステムの構築も業界が発展していく上でも極めて重要なことだと思います。
 なるほど、なるほど。最後までお読み頂きまして有り難うございました。読者の皆様に、何か良い“気づき”があれば幸いです。
 尚、都合により、大方孝の“マイオピニオン”は今回で卒業させて頂くことになりました。「水想観」、「水中運動未来塾」と長い間お付き合い頂きまして誠に有り難うございました。 では…、今月はこの辺で。また、いつの日にかお目に掛かりましょう。再見!

(有)アクアヘルスコミュニケーションズ
大方 孝

 
 

 

ご意見・ご感想等お聞かせ下さい。

下記フォームに必要事項を入力して『送信』ボタンを
1回クリックして下さい。

お名前 :
所属名等:
ご住所 :
ご連絡先:
E-mail :

ご意見・ご感想など

  


<戻る>

有限会社アクアヘルスコミュニケーションズ
〒177-0052 東京都練馬区関町東 1-25-10
TEL/FAX 03-3928-1333
Email  info@ahc-aqua.com